大阪府の温泉

大阪府の温泉

能勢温泉(のせおんせん)

能勢温泉(のせおんせん)は、大阪府豊能郡能勢町にある温泉。能勢町の緑豊かな山あいに、一軒宿の「能勢温泉」が存在。日帰り入浴可能。
大阪府の温泉

長野温泉(ながのおんせん)は、大阪府河内長野市の石川沿いにある温泉

長野温泉の源泉は石川と天見川が合流する地点(行者岩)付近であり、「噴出井戸」と呼ばれることもある。この地域は古くから高野山参詣道である高野街道の宿場町として参詣者が来往しており、少なくとも平安時代にはその存在が確認されている。
大阪府の温泉

高槻樫田温泉(たかつきかしだおんせん)は、大阪府高槻市田能的谷にある温泉

高槻樫田温泉(たかつきかしだおんせん)は、大阪府高槻市田能的谷(旧京都府南桑田郡、1958年に越境合併)にある温泉。源泉井戸の老朽化で温泉成分が温泉法の規定より低くなったため2009年7月より「温泉」の名称を外し、地下水を湧かす公衆浴場として運用していたが、2012年1月より新源泉による温泉の提供を再開した。
大阪府の温泉

摂津峡温泉(せっつきょうおんせん)は、大阪府高槻市(旧国摂津国)にある温泉

摂津峡温泉(せっつきょうおんせん)は、大阪府高槻市(旧国摂津国)にある温泉。2013年現在、施設は旅館「山水館」と、同館が経営する日帰り入浴施設「祥風苑」のみである。 2種類の温泉を楽しめる浴室からの景色は絶景です。2018年リニューアル。
大阪府の温泉

スパワールドは、大阪市浪速区にある温泉をテーマとした娯楽施設

温泉は4階にヨーロッパ、6階にアジアと2つの地域をイメージしたフロアに分かれ、さらにそのフロア内に主な国の代表的な浴場を配置。浴場には各国の装飾を随所にあしらっている(フロアは男女別で、月ごとに入れ替わる)。岩盤浴やサウナ、スポーツジムも併設されている。
大阪府の温泉

汐の湯温泉(しおのゆおんせん)は大阪府豊能郡能勢町(旧摂津国)にある温泉

落ち着いたたたずまいが印象的な「汐の湯温泉」が一軒宿。 宿泊はもとより、食事や入浴のみの日帰り利用もでき、能勢路のいで湯として親しまれている。 温泉は飲用も可能な褐色の冷鉱泉。
大阪府の温泉

奥水間温泉(おくみずまおんせん)は、大阪府貝塚市木積にある温泉

奥水間温泉(おくみずまおんせん)は、大阪府貝塚市木積にある温泉。泉州の奥座敷とも呼ばれる。その湯は天然重曹泉で肌に滑らかで美容と疲労回復に効果があると言われている。飲泉も可能で、飲むと慢性消火器病、糖尿病、痛風、肝臓病に効果があるという。その効能から「美人の湯」、「奇跡の湯」と呼ばれている。
2022.04.24
大阪府の温泉

石切温泉(いしきりおんせん)は、大阪府東大阪市上石切町にある温泉

大阪府と奈良県の県境、広大な大阪平野を一望できる生駒山の麓に位置するホテルセイリュウに湧く石切温泉。昭和34年(1959年)に自噴する源泉が発見されたのが開湯の始まりとされている。2つの浴場からは、キラビやかな夜景を一望できる。
大阪府の温泉

牛滝温泉(うしたきおんせん)は、大阪府岸和田市大沢町にある温泉

牛滝温泉は、紀伊半島の東部から西へ連なり、和泉山脈、四国山脈をつくり九州までのびている和泉層群と、その基盤になっている泉南酸性岩類とよばれる堅い岩盤の地層を1645mボーリングした地底から湧き出ている。
大阪府の温泉

伏尾温泉(ふしおおんせん)は、大阪府池田市伏尾町にある温泉

北摂山系の五月山より余野川沿いに北上した川岸に位置する一軒宿の温泉である。大阪市内から車で30分の“大阪の奥座敷”というキャッチコピーがある。五月山は桜や紅葉の名所として有名であり、四季折々の景色を温泉周辺でも楽しむことができる。
2022.04.20
タイトルとURLをコピーしました