埼玉県の温泉

埼玉県の温泉

美やま温泉(みやまおんせん)

美やま温泉(みやまおんせん)は、埼玉県秩父市山田にある温泉。秩父市街地から少し離れた横瀬川沿いの森林地帯に位置する一軒宿の「ホテル美やま」内で湧出する温泉。
埼玉県の温泉

都幾川温泉(ときがわおんせん)

平成2年年(1990年)の採掘で地下60mより湧出したのが都幾川温泉。源泉の湧出時のpH値は11.3で非常に強いアルカリ性。一軒の宿しかない温泉で、都幾川村の奥、白石峠に向かう山里に位置する。周囲は山に囲まれ、都幾川沿いの自然に包まれた静かな環境にあって、秘湯感に浸れるも魅力
埼玉県の温泉

白久温泉(しろくおんせん)は、埼玉県秩父市にある温泉

開湯伝説によれば、平将門が当地で湯治をしたとされている。 古くは、三峰神社の参拝客が多く入浴したという。 江戸時代には、鹿の湯として秩父七湯にも数えられた。
2022.04.27
埼玉県の温泉

武甲温泉(ぶこうおんせん)は、埼玉県秩父郡横瀬町にある温泉

秩父のシンボル武甲山の麓、西武鉄道・横瀬駅より徒歩約10分。 名物の炭酸泉や単純硫黄温泉の露天風呂やジェットバス、サウナを完備した美肌の湯。 隣接の武甲の湯別館は宿泊も可能。秩父・長瀞観光やビジネスにご利用ください。
埼玉県の温泉

不動の湯(ふどうのゆ)は、埼玉県秩父市山田にある温泉(鉱泉)

不動の湯(ふどうのゆ)は、埼玉県秩父市山田にある温泉(鉱泉)。開湯時期は不明。その昔、夢枕で不動明王に霊泉の在処を示され、お湯が評価されたことから不動の湯と呼ばれた。
埼玉県の温泉

吉川温泉(よしかわおんせん)は、埼玉県吉川市保にある温泉

源泉は地下1,500mより毎分1,200Lと湯量豊富に湧き、その施設を内部に取り込み、本格的な温泉施設として再出発。特筆は36種類の天然生薬をこだわり抜いてブレンドした薬湯。一度入れば納得の浴感が身上。 JR武蔵野線吉川駅北口より徒歩1分と便利。源泉は溶存物質総量が、21g以上と高張泉で泉質は強食塩泉。
埼玉県の温泉

両神温泉(りょうかみおんせん)は、埼玉県秩父郡小鹿野町にある温泉

温泉街は存在しない。四阿屋山の山麓に、日帰り入浴施設「道の駅両神温泉薬師の湯」と日帰り入浴も扱う国民宿舎「両神荘」が存在する。「道の駅両神温泉薬師の湯」では、秩父名物のしゃくし菜漬を販売している。
埼玉県の温泉

和銅鉱泉(わどうこうせん)は、埼玉県秩父市黒谷(武蔵国)にある温泉

和銅鉱泉 薬師の湯 ゆの宿 和どうは、関越自動車道・花園ICから30分。秩父鉄道・黒谷駅から徒歩15分。黒谷駅から無料の送迎あり(要予約)。駐車場80台あり(宿泊者は無料)。秩父七湯のうち、最古の歴史を誇る自家源泉「和銅鉱泉」が自慢の温泉宿です。
埼玉県の温泉

名栗温泉(なぐりおんせん)は埼玉県飯能市にある温泉

名栗温泉(なぐりおんせん)は埼玉県飯能市にある温泉。付近には、名栗湖やさわらびの湯がある。名栗渓谷にある鉱泉宿。杉や檜を使用し、木のぬくもりを感じさせる造りだ。都心から近く、食事付入浴の日帰りプランでもゆっくりできる。
2022.04.20
埼玉県の温泉

都幾川温泉(ときがわおんせん)は、埼玉県比企郡ときがわ町にある温泉

都幾川温泉(ときがわおんせん)は、埼玉県比企郡ときがわ町(旧国武蔵国)にある温泉。平成2年年(1990年)の採掘で地下60mより湧出したのが都幾川温泉。源泉の湧出時のpH値は11.3で非常に強いアルカリ性。一軒の宿しかない温泉で、都幾川村の奥、白石峠に向かう山里に位置する。
タイトルとURLをコピーしました