滋賀県の温泉

滋賀県の温泉

琵琶湖から流れ出る瀬田川沿いに湧出する石山南郷温泉

琵琶湖から流れ出る瀬田川沿いに湧出する石山南郷温泉。開湯は昭和38年(1963年)と比較的歴史は浅いが、西国巡礼の札所として名高い石山寺の門前(石山地区)に4軒の宿、さらに瀬田川の下流3km(南郷地区)に2軒の宿がある。
滋賀県の温泉

黒壁スクエアの町並みと秀吉ゆかりの「子宝の湯」・長浜太閤温泉

長浜太閤温泉は豊臣秀吉が最初に築いたとされる長浜城跡から湧く温泉で昭和58年(1983年)5月に発掘された。秀吉が初の子供を授かったということから「子宝の湯」とも言われています。そのお湯は茶褐色で鉄分を多く含み湯さめしにくいと言われる。
滋賀県の温泉

ゆっくり深呼吸、体の芯まで温まる天然ラドン温泉・マキノ白谷温泉

マキノ高原マキノスキー場の北約1km、閑静な山裾にある温泉です。リューマチや動脈硬化、高血圧に効能がある良質の天然ラジウム泉で、近畿地方有数の療養温泉に指定されています。露天風呂やぶなの湯、さくらの湯、貸切風呂(つばきの湯)もあります。
滋賀県の温泉

おごと温泉(雄琴温泉)は、滋賀県大津市の琵琶湖西岸にある温泉

おごと温泉(雄琴温泉)は、滋賀県大津市(旧国・近江国)の琵琶湖西岸にある温泉。最澄によって開かれたと伝えられる約1200年の歴史を持つ由緒ある温泉。滋賀県下最大の温泉地であり、2000年以降、地元観光協会などでは、平仮名表記の「おごと温泉」を標榜している。
滋賀県の温泉

須賀谷温泉(すがたにおんせん)は、滋賀県長浜市須賀谷町にある温泉

信長の妹、お市の方が湯治した古の名湯。小谷城の麓にひっそりと涌く秘湯は、浅井長政も湯治に通ったという歴史の湯です。戦国武将が傷を癒すのに使ったといわれ、効能も折り紙付きです。泉質はヒドロ炭酸鉄泉で、神経痛・筋肉痛・肩こり・冷え性・胃腸病・アトピー・病後の治療・疲労回復に効果があるとされています。
滋賀県の温泉

比良招福温泉(ひらしょうふくおんせん)は滋賀県大津市北比良にある天然温泉

美人の湯で有名な重曹泉で黄褐色のにごり湯 源泉温度38度、湧出量351L/min(日量500t)は県内でも有数の源泉 温泉宿は「ホリデーアフタヌーン」一軒のみ 近江八景の比良の暮雪で有名な比良山の麓にあり、琵琶湖八景の涼風・雄松崎の白汀 へも徒歩でアクセスできる
2021.06.15