栃木県の温泉

栃木県の温泉

光徳温泉(こうとくおんせん)

日光国立公園内なり、標高1,400mの戦場ヶ原北部に位置し、徳牧場に隣接する一軒宿のリゾートホテル。ホテルの開業は昭和62年(1987年)で、温泉は日光湯元温泉から引いている。湯は全体的には緑がかった白濁した源泉かけ流しの温泉。
栃木県の温泉

黒羽温泉(くろばねおんせん)

黒羽温泉(くろばねおんせん)五峰の湯は、栃木県大田原市黒羽地区(旧黒羽町)(旧国下野国)にある大田原市営の温泉。五峰の湯の名前の由来は、那須岳・大佐飛山・高原山・女峰山・男体山の五峰(ごほう)が一望できることに由来する。
栃木県の温泉

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市の鬼怒川上流域にある温泉

古くは滝温泉という名前で、1691年に沼尾重兵衛が鬼怒川右岸で源泉を発見されたとされる。1751年から日光奉行の支配となったことから、日光詣帰りの諸大名や僧侶達のみが利用可能な温泉であった。1929年の下野電気鉄道(現・東武鬼怒川線)の開通もきっかけとなり、次第に温泉として発展していった。
2022.03.12
栃木県の温泉

喜連川温泉(きつれがわおんせん)は、日本三大美肌の湯

温泉に入れば筋肉痛やリウマチなどの体の調子がよくなることに加えて、入ればお肌すべすべきれいになると謳っている温泉も数多くあります。そんなすべすべになる中でも、特にお肌がきれいになるとされているのが島根県「斐乃上温泉」佐賀県「嬉野温泉」栃木県「喜連川温泉」の「日本三大美肌の湯」です。
栃木県の温泉

川俣温泉(かわまたおんせん)は、栃木県日光市川俣にある温泉

古くは、開湯伝説では平家落人の平藤房の発見としていた。平藤房が実在の人物であるか否か、という議論以降は平藤房発見説による紹介は減り、藤原藤房の末裔である藤原藤四郎が発見した、という説に変わりつつある。藤原藤房は平家家臣であるとされる。
2022.05.08
栃木県の温泉

上河内温泉(かみかわちおんせん)は、栃木県宇都宮市に湧出する温泉

宇都宮市の北部上河内地域にある日帰り温泉施設。平成14年(2002年)にオープンした比較的新しい温泉で、温泉施設と農林業交流施設からなる、木造平屋建ての複合施設ほたるの里「梵天の湯」として親しまれている
栃木県の温泉

大沢温泉(おおさわおんせん)「長寿の湯」は、栃木県那須郡那須町にある温泉

那須湯本温泉と白河の中間の余笹川近辺に位置し、外観は美術館風、周辺は別荘、キャンプ場などが多数存在するため、シーズン中は別荘、キャンプ場からの利用者が多数訪れる。那須高原、那須温泉郷の喧騒から離れた穴場的な新しい温泉である。
栃木県の温泉

篭岩温泉(かごいわおんせん)は、栃木県日光市高徳(旧下野国)にある温泉

篭岩温泉(かごいわおんせん)は、栃木県日光市高徳(旧下野国)にある温泉。国道461号と鬼怒川が接し、日光市と塩谷町の境界近くに一軒宿のかご岩温泉が存在する。
栃木県の温泉

足尾温泉(あしおおんせん)は、栃木県日光市足尾町(旧国下野国)にある温泉

銀山平公園に湧き出た温泉で、このお湯につかると肌がつるつるすることから、別名 「美肌の湯」 ともよばれている。これだけヌル・ツル感のあるお湯は、日光ではここが一番ではなかろうか!本当に素晴らしいお湯である。
2022.04.22
栃木県の温泉

板室温泉(いたむろおんせん)は、栃木県那須塩原市板室にある温泉

板室温泉特有の入浴方法として綱の湯(つなのゆ)が知られる。綱の湯は、持ち手となる綱を温泉小屋の梁に結わえて湯浴上に垂らし、湯治客はこれを握って腰以上の深度のある湯浴に浸かって湯治を行う。
タイトルとURLをコピーしました