東京都の温泉

東京都の温泉

奥多摩温泉

東京都奥多摩町には約650年前から湯治場として栄えてきた奥多摩温泉がある。ここには4つの温泉がある。一度は湖の中に沈んだものの平成3年に見事復活した鶴の湯温泉、日本最古の地層と云われる古成層から湧き出る奥多摩温泉、
東京都の温泉

三原山温泉

東京から約120km、太平洋上に浮かぶ伊豆大島のほぼ中央、三原山の北側中腹(海抜約460m)に湧く三原山温泉。昭和40年(1965年)にボーリングされ、現在は5号泉と6号泉の2本が地下約300mより汲上げ、内湯と露天風呂に加水かけ流しで利用されている。
東京都の温泉

岩蔵温泉(いわくらおんせん)は、東京都青梅市(旧国武蔵国)にある温泉

岩蔵温泉は、東京都青梅市の北東に位置し、黒沢川沿いに古くからある温泉。開湯伝説では、日本武尊が東国征伐の途中にこの温泉に入り、戦いの傷を癒やし身を清めたという伝説がある。その際に、岩でできた蔵に鎧を収めたことが「岩蔵」の名前の由来である
東京都の温泉

数馬温泉(かずまおんせん)は東京都西多摩郡檜原村数馬にある温泉

数馬温泉(かずまおんせん)は東京都西多摩郡檜原村数馬にある温泉である。「温泉センター前」バス停に数馬の湯がある。日帰り入浴が出来、昼食・夕食を食べることが出来る。温泉スタンドがあり、源泉の湯を販売をしている。
2022.04.24
東京都の温泉

地鉈温泉(じなたおんせん)は、東京都の式根島にある温泉

「内科の湯」と呼ばれ、神経痛や冷え性、関節症、婦人病などに効能があるとされている。温泉成分に含まれる鉄のため湯色は赤色である。ここの源泉は、足付港横にある、「松が下雅湯」にも引湯されている。
東京都の温泉

蛇の湯温泉(じゃのゆおんせん)は東京都西多摩郡檜原村数馬にある温泉

東京で唯一「日本秘湯を守る会」にも参加している数馬の山間の温泉旅館で、その昔、傷ついた大蛇が河原の湧き湯で傷を治したという伝説がある。歴史感じさせるかやぶき屋根・兜づくりの建物は、旅行ガイドなどでもよく使われている。
東京都の温泉

鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)は、東京都西多摩郡奥多摩町にある温泉

鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)は、東京都西多摩郡奥多摩町(旧国:武蔵国)にある温泉。ダム竣工時に温泉(湯治場)は水没したが、源泉を汲み上げるポンプを設置した為、完全な消滅は免れた。だが、この汲み上げポンプを活用しなかったため湖底に沈んだ「幻の温泉」と言われ続けていた。
東京都の温泉

八丈島温泉(はちじょうじまおんせん)は、東京都八丈町、八丈島にある温泉の総称

八丈島温泉(はちじょうじまおんせん)は、東京都八丈町、八丈島にある温泉の総称。主に観光ガイドなどで用いられている名称である。各温泉を湯巡りできる一日入浴券や、八丈町営バスと併せたフリーパス「BU・SU・PA(バスパ)」も販売される。
2022.04.17
タイトルとURLをコピーしました