東京都の温泉

東京都の温泉

京王高尾山温泉(けいおうたかおさんおんせん)は東京都八王子市高尾町にある温泉

京王高尾山温泉(けいおうたかおさんおんせん)は東京都八王子市高尾町にある温泉。高尾山の麓にあり山の玄関口の一つである、京王高尾線の高尾山口駅に隣接する。2015年10月27日、京王グループの日帰り温泉施設として「京王高尾山温泉 / 極楽湯」が開業した。
東京都の温泉

地鉈温泉(じなたおんせん)は、東京都の式根島にある温泉

「内科の湯」と呼ばれ、神経痛や冷え性、関節症、婦人病などに効能があるとされている。温泉成分に含まれる鉄のため湯色は赤色である。ここの源泉は、足付港横にある、「松が下雅湯」にも引湯されている。
東京都の温泉

蛇の湯温泉(じゃのゆおんせん)は東京都西多摩郡檜原村数馬にある温泉

東京で唯一「日本秘湯を守る会」にも参加している数馬の山間の温泉旅館で、その昔、傷ついた大蛇が河原の湧き湯で傷を治したという伝説がある。歴史感じさせるかやぶき屋根・兜づくりの建物は、旅行ガイドなどでもよく使われている。
東京都の温泉

鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)は、東京都西多摩郡奥多摩町にある温泉

鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)は、東京都西多摩郡奥多摩町(旧国:武蔵国)にある温泉。ダム竣工時に温泉(湯治場)は水没したが、源泉を汲み上げるポンプを設置した為、完全な消滅は免れた。だが、この汲み上げポンプを活用しなかったため湖底に沈んだ「幻の温泉」と言われ続けていた。
東京都の温泉

八丈島温泉(はちじょうじまおんせん)は、東京都八丈町、八丈島にある温泉の総称

八丈島温泉(はちじょうじまおんせん)は、東京都八丈町、八丈島にある温泉の総称。主に観光ガイドなどで用いられている名称である。各温泉を湯巡りできる一日入浴券や、八丈町営バスと併せたフリーパス「BU・SU・PA(バスパ)」も販売される。
東京都の温泉

ラクーア(英称:LaQua)は東京ドームシティのスパ(温泉)施設を中心とした融合商業施設

名称は、フランス語の女性単数定冠詞「La」(英語の「The」に相当)と日本語の「Laqu(楽)」、水を意味する「Aqua」を掛け合わせたものである。ラクーアのロゴは「Q」の輪の部分を観覧車「ビッグ・オー」、尻尾部分をジェットコースター「サンダードルフィン」のレールをイメージしたものになっている。
2021.06.15