鳥取県の温泉

鳥取県の温泉

岸本温泉(きしもとおんせん)は、鳥取県西伯郡伯耆町大殿にある温泉

岸本温泉「ゆうあいパル」は西伯郡伯耆町にある日帰り入浴施設です。 山陰初の「雪肌サウナ」(室温1~4度の冷凍サウナ)は、美肌に、また肌の引き締めに効果的。また2種類の露天風呂やジェットバス、気泡風呂を備えた内湯では、地下1150mから汲み上げるアルカリ性単純泉の湯にホッコリ
鳥取県の温泉

東郷温泉(とうごうおんせん)は、鳥取県東伯郡湯梨浜町にある温泉

明治5年(1872)のボーリングで湧出。周辺は全国有数の生産量を誇る二十世紀梨の産地として知られる。観光の中心は中国庭園の燕趙園。充実した設備の多目的温泉保養施設「ゆアシス東郷龍鳳閣」をはじめ、レストランや売店などがその周りに立ち並ぶ。旅館は松崎駅から燕趙園の間に点在。
鳥取県の温泉

関金温泉(せきがねおんせん)は、鳥取県倉吉市(旧国伯耆国)にある温泉

放射能泉で、三朝温泉に次いで日本国内第2位のラドン放射能を有する。無色無臭の美湯。関金温泉と三朝温泉の湯が放射能を帯びている理由は長年不明だったが、1955年(昭和30年)に近くで水成ウラン鉱が発見され、これに由来することが判明した。
鳥取県の温泉

鹿野温泉(しかのおんせん)は、鳥取県鳥取市鹿野町今市にある温泉

鹿野温泉(しかのおんせん)は、鳥取県鳥取市鹿野町今市(旧鹿野町)にある温泉。付近では古来より田地から湯が湧いており、怪我の治療などに用いられていた付近には「湯」など温泉に由来すると思われる地名が残されている。
鳥取県の温泉

皆生温泉(かいけおんせん)は、鳥取県米子市にある温泉

弓ヶ浜の皆生海岸に面する東西1,000m、南北400mの狭い範囲に大型ホテルを含む宿泊施設が集積する。その収容規模は約5,000人で、山陰最大級である。鳥取県が入湯税を基に算出した調査に拠れば、近年は年間40万人前後が利用しており、2017年現在、鳥取県内の温泉では最も入湯客が多い。
鳥取県の温泉

岩井温泉(いわいおんせん)は、鳥取県岩美郡岩美町にある温

1300年の歴史があるとされ、「湯かむり」という独特の入浴法が伝わる。1973年(昭和48年)3月30日、国民保養温泉地に指定された。開湯は859年(貞観元年)とされ、平安時代の「八古湯」の一つに数えられる。
2021.06.15