富山県の温泉

富山県の温泉

祖母谷温泉(ばばだにおんせん)

源泉は2つあり、当地に湧出するもの、上流側の「祖母谷地獄」からの引湯がある。当地に湧出する源泉は内湯に使われ、皮膚病に対する効能があるとされる。露天風呂には引湯が使われ、飲泉時に胃腸に対する効能があるとされる。
富山県の温泉

古洞の森温泉(古洞の湯)

温泉は北陸地方で最も深い地下2,050mから湧き出る強アルカリ食塩泉・炭酸水素塩泉で、神経痛、筋肉痛、疲労回復、慢性皮膚病などに効果があり、美肌効果も期待出来る。
富山県の温泉

日方江温泉(ひかたえおんせん)は、富山県富山市針日269 – 20にある温泉

日方江温泉(ひかたえおんせん)は、富山県富山市針日269 - 20にある温泉である。主要地方道富山魚津線沿いにある郊外型の温泉銭湯で、近隣の住民や年配の人間に親しまれている。地下1,350mから湧き出る自家源泉を加水せず一部加温して利用している。
富山県の温泉

氷見温泉郷(ひみおんせんきょう)は、富山県氷見市(旧国越中国)内各地に所在する温泉の総称

氷見温泉郷(ひみおんせんきょう)は、富山県氷見市(旧国越中国)内各地に所在する温泉の総称(温泉郷)。氷見市および氷見市観光協会では、能登半島国定公園 氷見温泉郷、他県の観光案内では、氷見温泉と呼ばれていることが多い。
富山県の温泉

法林寺温泉(ほうりんじおんせん)は、富山県南砺市(旧国越中国)にある温泉

100%源泉かけ流しの温泉であり、かけ湯にも温泉を使用しており男女とも大浴場と露天風呂がある。源泉は1号井と2号井の2箇所で1号井のほうが泉温が高い。1号井の湯は大浴場に、2号井の湯はかけ湯と露天風呂に使用されている。
富山県の温泉

水橋温泉(みずはしおんせん)は、富山県富山市水橋中村栄町に位置する温泉

水橋温泉(みずはしおんせん)は、富山県富山市水橋中村栄町に位置する温泉である。ごくらくの湯という名の日帰り温泉として営業している。平屋建ての保養施設が一つある。シャンプーなどは持参するか購入する必要のある銭湯型の温泉施設である。二つの内湯と露天風呂がある。保養施設
2022.04.24
富山県の温泉

標高は2,410mで「日本最高所の温泉宿」・みくりが池温泉(みくりがいけおんせん)

みくりが池温泉(みくりがいけおんせん)は、富山県中新川郡立山町にある温泉。中部山岳国立公園区域内にある。同名の温泉宿があり、その標高は2,410mで「日本最高所の温泉宿」とされる。源泉温度が70度と熱く、高所にあって45度のなかなかにいい温泉が楽しめます。
富山県の温泉

湯谷温泉(ゆだにおんせん)は、富山県南砺市湯谷に位置する温泉

湯谷温泉(ゆだにおんせん)は、富山県南砺市湯谷に位置する温泉である。同県で同じ砺波地域の砺波市(旧庄川町)にある湯谷温泉との区別として、「西の湯谷」と呼ばれている。
富山県の温泉

宮島温泉(みやじまおんせん)は、富山県小矢部市(旧国越中国)にある温泉

宮島温泉(みやじまおんせん)は、富山県小矢部市(旧国越中国)にある温泉。小矢部川支流の子撫川の上流、宮島峡に一軒宿の「滝乃荘」が存在する。1984年時点では「宮島温泉元湯宮島館」も存在していた。
2022.04.21
富山県の温泉

名剣温泉(めいけんおんせん)は、富山県黒部市にある温泉

名剣温泉(めいけんおんせん)は、富山県黒部市(旧・越中国)にある温泉。源泉は祖母谷温泉からの引湯である。引湯後、名剣温泉での湯温は約80℃まで下がっている。 神経痛・リウマチ・疲労回復などに効果があり、湯上りは肌がなめらかになると女性に好評である。
タイトルとURLをコピーしました