石川県の温泉

石川県の温泉

中部エリア

和倉温泉(わくらおんせん)は、石川県七尾市に位置する温泉

全国有数の高級温泉街として知られ、七尾湾に面して旅館が並ぶ。また、能登観光の玄関口でもあり、海のレジャーゾーンで知られる能登島にも近く、七尾市街にもフィッシャーマンズワーフなど見所がある。無色透明だが塩分は非常に強く、よく温まる。神経痛や関節痛・腰痛などに効能が高い。
中部エリア

金沢の奥座敷ともいうべき場所にある・湯涌温泉(ゆわくおんせん)

湯涌温泉(ゆわくおんせん)は、石川県金沢市湯涌町、および湯涌荒屋町(旧国加賀国)にある温泉で、718年(養老2年)に紙漉き職人が泉で1羽の白鷺が身を浸しているのを見て近づいてみると、湯が涌き出ているのを発見した。これが当温泉の発見および当温泉名の由来とされている。
中部エリア

葭ヶ浦温泉(よしがうらおんせん)は、石川県珠洲市三崎町にある温泉

葭ヶ浦温泉(よしがうらおんせん)は、石川県珠洲市三崎町にある温泉。葭ヶ浦温泉 ランプの宿は、約450年前から続く温泉宿で、昔は船で入った海辺ギリギリに建つ能登半島 最先端の秘湯です。13室しかないので年間に泊まれる宿泊者は限られ、またその宿泊料も敷居が高い。
2021.04.18
中部エリア

輪島温泉(わじまおんせん)は、石川県輪島市(旧国能登国)にある温泉

輪島温泉(わじまおんせん)は、石川県輪島市(旧国能登国)にある温泉。輪島市街中心部を始め、周辺に15軒前後の旅館・ホテルが存在し、いくつかの源泉があることから輪島温泉郷(わじま温泉郷)と称している。
2021.04.18
中部エリア

中宮温泉(ちゅうぐうおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉

中宮温泉(ちゅうぐうおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。白山白川郷ホワイトロードの入り口にあり、閉鎖されている場合でも営業を行っている場合があるが、12月から4月までは積雪のため閉鎖される。
2021.04.18
スポンサーリンク