山形県の温泉

山形県の温泉

広河原温泉(ひろがわらおんせん)

今から430年程前の天正年間に金採掘者が発見した広河原温泉。それ以来、温泉として利用されていたが、明治44年(1911年)に、当時の内務省東京衛生試験所にこの温泉の成分分析を依頼し、療養泉として効果があると認定され、明治から大正にかけ湯治場として栄えた。
山形県の温泉

松山温泉(まつやまおんせん)

松山温泉(まつやまおんせん)は、山形県酒田市(旧出羽国、明治以降の旧羽前国)にある温泉。古くから鉱泉が湧出していた。この鉱泉は地元の人々が古くから飲泉目的で利用していた。
山形県の温泉

まむろがわ温泉 梅里苑(まむろがわおんせん ばいりえん)

まむろがわ温泉 梅里苑(まむろがわおんせん ばいりえん)は、山形県真室川町にある町営の自然体験型宿泊温泉施設である。泉質はナトリウム塩化物泉であり、日帰り入浴も可能。農産物直売所であるまごころ工房やそば屋重次郎も併設する。
山形県の温泉

柳川温泉(やながわおんせん、Yanagawa Hot Spring)は、山形県西村山郡大江町にある温泉

日本百名山の一つに数えられる朝日連峰の山麓の柳川地区にある秘湯です。オープンは平成7年、温泉の泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉で動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病に効く他、飲める温泉でもあります(飲用では慢性胆嚢炎、便秘、肥満、虫歯予防等に効くといわれております)
山形県の温泉

湯田川温泉(ゆたがわおんせん)は、山形県鶴岡市にある温泉

和銅5年(712年)に、傷を負った1羽の白鷺が葦原に降り、そこに湧いていた湯で傷を癒したと伝えられる湯田川温泉。そのため昔は白鷺の湯と呼ばれていた。湯田川温泉は鶴岡市街の南西に位置し、金峯山・虚空蔵山の山麓に湧く温泉で、鶴岡の奥座敷として歴代藩主にも親しまれてきた
山形県の温泉

湯の沢温泉(ゆのさわおんせん)は、山形県米沢市関根地内にある温泉

時の宿すみれは 里山に佇む お二人さま専用の温泉旅館です。厳選した米沢牛を使用した地元野菜との米沢牛創作懐石料理は当館ならではのオリジナル。 希少部位を繊細にアレンジした牛肉尽くしのフルコースです。
山形県の温泉

湯の澤温泉(ゆのさわおんせん)は、山形県鶴岡市添川にある温泉

出羽三山の開祖である蜂子皇子が湯の澤一帯を開山し、温泉が湧き出したのは今から千数百年前といわれる。
2022.03.04
山形県の温泉

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、山形県鶴岡市にある温泉

清流五十川のほとり、静かな山あいにある一軒宿です。 その泉質の良さから近郷近在の人々からは古くから秘湯として知られ、神経痛に悩む老人が家人に背負ってもらって湯の瀬まで来て、お湯に浸かった数日後には老人自ら重い荷物を背負い晴々とした表情で帰っていったという言い伝えがあるほどです。
山形県の温泉

立岩海底温泉(たていわかいていおんせん)は、山形県鶴岡市由良地区にある温泉

海底1525mから汲み上げる天然温泉「遊楽源泉」。動脈硬化・神経痛などに効果があり、身体の芯からぽかぽかとあたためてくれます。サンリゾート庄内の温泉は雄大な日本海を臨みながら温泉をお楽しみいただけます。
山形県の温泉

大浴場からは日本海を一望!山形県飽海郡遊佐町にある湯ノ田温泉(ゆのたおんせん)

大正時代には「風景佳絶なるを以て遠近来浴するもの頗る多く県内著名の浴場たり」と謳われたが、現在では温泉旅館が一軒営業するのみとなっている。 温泉は24時間入浴可能、『湯ノ田温泉』のぬる湯でじんわり温まります。
タイトルとURLをコピーしました