山形県の温泉

山形県の温泉

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、山形県鶴岡市にある温泉

清流五十川のほとり、静かな山あいにある一軒宿です。 その泉質の良さから近郷近在の人々からは古くから秘湯として知られ、神経痛に悩む老人が家人に背負ってもらって湯の瀬まで来て、お湯に浸かった数日後には老人自ら重い荷物を背負い晴々とした表情で帰っていったという言い伝えがあるほどです。
山形県の温泉

立岩海底温泉(たていわかいていおんせん)は、山形県鶴岡市由良地区にある温泉

海底1525mから汲み上げる天然温泉「遊楽源泉」。動脈硬化・神経痛などに効果があり、身体の芯からぽかぽかとあたためてくれます。サンリゾート庄内の温泉は雄大な日本海を臨みながら温泉をお楽しみいただけます。
山形県の温泉

大浴場からは日本海を一望!山形県飽海郡遊佐町にある湯ノ田温泉(ゆのたおんせん)

大正時代には「風景佳絶なるを以て遠近来浴するもの頗る多く県内著名の浴場たり」と謳われたが、現在では温泉旅館が一軒営業するのみとなっている。 温泉は24時間入浴可能、『湯ノ田温泉』のぬる湯でじんわり温まります。
山形県の温泉

湯野浜温泉(ゆのはまおんせん)とは、山形県鶴岡市湯野浜にある温泉

湯野浜温泉は庄内平野・鶴岡市の西部、日本海に面した海浜の温泉郷です。もとの名は“亀の湯”と称され、天喜年間(1053~58年)に付近の一漁夫が海辺で温浴している亀を見て、この地に温泉が広まったという故事に由来します。そして奥州三楽郷の一つとされ、上ノ山、東山と並ぶの歓楽地として栄えました。
山形県の温泉

由良温泉(ゆらおんせん)は、山形県鶴岡市由良地区にある温泉

由良温泉(ゆらおんせん)は、山形県鶴岡市(旧国出羽国、明治以降は羽前国)由良地区にある温泉。日本の渚100選、日本の快水浴場88選に選ばれた美しい景観と八乙女伝説のロマン息づく由良海岸。日本海に沈む夕陽と朱塗りの橋が架かる白山島が織り成すコントラストはまさに絶景です。
山形県の温泉

りんご温泉(りんごおんせん)は、山形県西村山郡朝日町にある温泉

りんご温泉(りんごおんせん)は、山形県西村山郡朝日町にある温泉で、同町が100%出資する有限会社地球耕望が運営する日帰り入浴施設である。リンゴの無袋ふじ発祥の地で知られる朝日町にある温泉。町の中心部よりやや北東の小高い山の中腹に位置する。湯船に朝日町特産のリンゴが浮かんでいるのが特徴。