山口県の温泉

山口県の温泉

椋野温泉(むくのおんせん)

椋野温泉(むくのおんせん)は、山口県下関市(旧国長門国)にある温泉。鉱泉分析法指針に定める療養泉の定義にあてはまらないため、分析書での泉質は「なし」となるが、ラドンやメタケイ酸の含有量により温泉法に定める温泉の条件は満たしている。
山口県の温泉

室積温泉(むろづみおんせん)

瀬戸内海国立公園の周防灘を見渡しながら堪能できる、展望温泉と新鮮な瀬戸内の幸を味わえる「かんぽの宿」の温泉。無色透明の癖のない温泉は、単純温泉で適度の柔らかさがあるので長湯に向いている
山口県の温泉

由宇温泉(ゆうおんせん)は、山口県岩国市由宇町にある温泉

岩国市の山間にあり由宇川のそばに佇む由宇温泉は、豊かな自然に囲まれ、アットホームな雰囲気の癒しのスポットとして人気の温泉です。 そのお湯も効能が多くとてもよいと評判で、近所の方や常連さんも多い温泉です。
2022.04.28
山口県の温泉

湯田温泉(ゆだおんせん)は、山口県山口市(旧国周防国)にある温泉

多くの入浴施設は複数の源泉を混合した「湯田温泉ミックス泉」を使用しているが、「山水園」や「梅乃屋」など、自家源泉を使用する入浴施設もいくつか存在する。温泉評論家の郡司勇は山水園で入浴し、「良い湯である。(中略)湯田の湯は名湯である」と高く評価している。
山口県の温泉

湯野温泉(ゆのおんせん)は、山口県周南市(旧国周防国)にある温泉

山口県周南市に湧く「湯野温泉(ゆのおんせん)」。開湯は、天正年間と伝わる古湯で、夏目漱石の小説「坊っちゃん」のモデル・弘中又一の故郷でもあります。ラジウムを多く含むお湯は、美人の湯としても評判です。そんな湯野温泉には、日帰り入浴を楽しめる旅館や施設も点在。
山口県の温泉

湯の口温泉(ゆのくちおんせん)は、山口県美祢市美東町にある温泉

交通の便が決して良いとはいえない山奥や大自然の中にひっそりと佇む「秘湯」。有名な温泉地にはない「特別感」を味わえるのが魅力です。熊野市にある「湯ノ口温泉」は、「三重の秘湯」と呼ぶにふさわしいスポット
山口県の温泉

湯免温泉(ゆめんおんせん)は、山口県長門市にある温泉

萩と長門の間、田園地帯に佇むのどかな温泉で、1200年の歴史を誇る湯免温泉。開湯伝説には、弘法大師が万物に効く湯として名を広めたという説と、白うさぎが傷を癒しに来て発見したという2つの伝説がある。
山口県の温泉

吉田温泉(よしだおんせん)は、山口県下関市にある温泉

矢岳高原入口の山麓にほどの場所に位置する吉田温泉。3軒の施設しかなく、人通りも少ない寂しい温泉街。天文23年(1554年)に、霧島の大噴火により昌明寺村山麓に大量の湯が湧出した所がり、ある日矢傷を負った牝鹿が傷を癒していた。島津家の大守義弘公が戦傷病者をこの湯で治療させてたことから湯治場となり現在にいたっている。
山口県の温泉

呼鶴温泉(よびづるおんせん)は、山口県周南市(旧国周防国)にある温泉

山陽自動車道の熊毛IC.から車で約3分。自然環境豊かな田園風景に佇む一軒宿の温泉。昭和27年(1952年)に個人が掘削して開発した温泉で、ラジウムも世界屈指の含有量を誇り、浴用・飲用・吸入療法の療法に最適で、県内外から入浴を目的に訪れている。
山口県の温泉

竜崎温泉(りゅうざきおんせん)は、山口県大島郡周防大島町東安下庄にある温泉

無色透明の温泉が多い山口県では珍しいにごり湯で、加熱浴槽は鉄分が酸化してセピア色となるが、源泉浴槽では無色透明である。温泉評論家の郡司勇により、「とにかく湯がグレートな温泉」に選出されている。
タイトルとURLをコピーしました