山梨県の温泉

山梨県の温泉

湯沢温泉(ゆさわおんせん)は山梨県南巨摩郡身延町上之平にある温泉

湯沢温泉(ゆさわおんせん)は山梨県南巨摩郡身延町上之平にある温泉。場合によっては下部温泉郷の一部に含まれることもある。下部温泉から少し離れた山あいに、「不二ホテル」と「長生館」の2軒の旅館が存在する。2軒ともに日帰り入浴可能。
山梨県の温泉

葭之池温泉(よしのいけこうせん)は山梨県富士吉田市にある温泉

創業安政3年。浴場の窓からライトアップした桜、坪庭等を見る事が出来ます。また、風情ある木造二階建て瓦葺の当館では、床暖房がある広間をご利用いただき、名物「吉田のうどん」をお食べになったり、かまどで沸かした湯で、お茶をお飲みになるなど、ゆったりとお寛ぎいただけます
山梨県の温泉

ほったらかし温泉(ほったらかしおんせん)は山梨県山梨市矢坪に位置する日帰り温泉施設

宣伝もサービスもなし、勝手に楽しんでというところからほったらかし温泉と名付けられた。昔、山の地主が穴を掘ったところ、温泉がわき出たのを地主は別に何とも思わず、ほったらかしていた所から名付けられたという説もある。
山梨県の温泉

真木温泉(まきおんせん)は、山梨県大月市にある温泉

真木温泉(まきおんせん)は、山梨県大月市(旧甲斐国)にある温泉。純和風の数奇屋造りの風情は、美しい里山の景色と調和してとても静かな温泉宿です。 季節により表情を変える木々は川面に映え、小鳥の囀りや虫の音など四季を通してお楽しみいただけます。
山梨県の温泉

増富温泉(ますとみおんせん)は、山梨県北杜市須玉町比志にある温泉

増富温泉(ますとみおんせん)は、山梨県北杜市須玉町比志にある温泉である。増富ラジウム温泉とも呼ばれる。「増富」の地名は1875年(明治8年)から1959年(昭和34年)まで存在していた増富村に由来する。武田信玄が金山開発中に発見した隠し湯であるという伝承をもつ。
山梨県の温泉

山口温泉(やまぐちおんせん)は、山梨県甲斐市にある温泉

炭酸がプチプチはじける極上泡つき温泉。露天風呂有り・温度ぬるめのお湯は100%源泉かけ流し。夕方6時までは大人のみ入浴可なので、静かに落ち着いてお湯を楽しみたい人にはたいへん居心地が良い。