湯川温泉(ゆかわおんせん)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある温泉

湯川温泉(ゆかわおんせん)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町(旧国紀伊国)にある温泉

湯川温泉(ゆかわおんせん)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町(旧国紀伊国)にある温泉である。

ソース画像を表示

175本の多種多様な源泉を誇る南紀勝浦は、南紀勝浦温泉と湯川温泉からなり1,500年の歴史のある温泉地。温泉の泉質は単純硫黄泉(アルカリ性低張性温)。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進etc。

スポンサーリンク

泉質

温泉街

勝浦串本の中間点にある景勝地、ゆかし潟の畔に湧く温泉地。景勝地ではあるが、昔は中途半端な位置づけのために観光客が少なく、多くの旅館ホテルが出ては消えていたが、近年は勝浦とは一線を画す方針を貫いており、保養湯治を中心としている。家庭的な小型旅館が多く、遊興ムードとは一切無縁で、根強いファンが多い。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

周辺

歴史

古来より熊野詣での湯垢離場として開けた歴史があり、高浜虚子が滞在したことがある。なお、ゆかし潟とは郷土の詩人、佐藤春夫が命名したもの。

アクセス

ソース画像を表示
所在地和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
交通鉄道 : JR紀勢本線紀伊勝浦駅下車、タクシーで5分。同線湯川駅から徒歩20分ほど
泉質硫黄泉
泉温(摂氏25〜60

コメント