宮浜温泉(みやはまおんせん)は、広島県廿日市市にある温泉

宮浜温泉(みやはまおんせん)は、広島県廿日市市にある温泉

宮浜温泉(みやはまおんせん)は、広島県廿日市市(旧国安芸国)にある温泉

ソース画像を表示
スポンサーリンク

泉質

  • 単純放射能泉

ラドンを多量に含む。

温泉街

瀬戸内海の沿岸に旅館が立地し、日本三景で知られる宮島を望む。カキアナゴアサリなどが名物となっている。

ソース画像を表示

炭酸泉の効能

炭酸ガスを皮膚から吸収すると毛細血管が広がり、血行を促進する効果があります。それにより、皮膚疾患の改善や老廃物の排除、新陳代謝の活発化、自律神経に直接作用することで神経痛などの痛みの緩和やリラックス効果などが得られます。また、肌の引き締め・美肌効果も期待できます。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示

歴史

1964年昭和39年)の開湯で、宮島を望む浜辺にあることから「宮浜」と名付けられた。以後は宮島観光の拠点、または広島の奥座敷として発展。

アクセス

ソース画像を表示
所在地広島県廿日市市宮浜温泉
交通鉄道:JR山陽本線大野浦駅からバスで約5分
車:山陽自動車道広島岩国道路大野ICから約10分
泉質放射能泉

コメント