弓ヶ浜温泉(ゆみがはまおんせん)は、熊本県上天草市にある温泉

弓ヶ浜温泉(ゆみがはまおんせん)は、熊本県上天草市(旧国肥後国)にある温泉

弓ヶ浜温泉(ゆみがはまおんせん)は、熊本県上天草市(旧国肥後国)にある温泉

ソース画像を表示
スポンサーリンク

泉質

  • ナトリウム塩化物 – 炭酸水素塩泉(赤湯)
  • ナトリウム – 炭酸水素塩泉(白湯)
ソース画像を表示

温泉街

弓ヶ浜温泉は、有明海を臨む温泉で旅館は一軒のみである。その旅館には、家族全員で手掘りした洞窟風呂があり、赤湯と白湯の二つの異なる泉質の温泉を楽しむことができる。また、天草のエビや魚などの海の幸を楽しむこともできる。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示
ソース画像を表示

熊本県の天草四郎の故郷として有名な天草。

その玄関口にある島が大矢野島には数軒の温泉宿が建っていますが、その中の「大洞窟の宿 湯楽亭」には、縁起のよい“赤湯”と“白湯”の2種類の温泉があります。

初代館主が、仙人のような老人からのお告げ通りにその場所を掘ったら温泉が湧き出したそう。なんともありがたい湯ですよね。

こちらの赤湯は、ミネラルをたっぷりとふくむ炭酸泉で、強烈な炭酸ガスとともにゴボゴボと音をたてながら湧き出し、湯船や床は温泉成分が固まりその濃厚さがうかがえます。

ソース画像を表示

2つの泉質を持つ宿で、赤湯は炭酸水素が3340mgと含有する最高クラスの炭酸泉で、源泉掛け流しの赤褐色をしたにごり湯。もう1つは白湯と呼ばれ、弱アルカリ性の美肌の湯です。全長32mの大洞窟風呂が圧巻!

歴史

1972年にボーリングにより誕生した。

所在地熊本県上天草市
泉質炭酸水素塩泉、塩化物泉

コメント