中乃湯(なかのゆ)は沖縄県沖縄市にある温泉公衆浴場

中乃湯(なかのゆ)は沖縄県沖縄市にある温泉公衆浴場

中乃湯(なかのゆ)は沖縄県沖縄市にある温泉公衆浴場。 県内に現存する唯一の「ゆーふるやー(湯風呂屋)」である。

ソース画像を表示
スポンサーリンク

浴場の設備

  • 番台はあるが使用されておらず、入浴料は店主を見つけて直接支払う。
  • 脱衣所と浴室の仕切りがなく、ロッカーの鍵もない。
  • 4~5人ほど入れる小判型の湯池(浴槽)が男女各1。槽内給湯による沸かし湯の掛け流しである。
  • 温度管理は状況や客の申告に応じ、湯温が下がった頃合いをみて適宜熱い湯が足される。
  • 石鹸・シャンプー等は置かれていない。湯桶と腰掛けはある。
  • 混合栓はなく、湯と水の単水栓をゴムホースとY字形の三方接手で繋いである。カランの位置は床から80cmと高く、座ると目の高さあたりとなる。
  • 男湯にシャワー2基、女湯にシャワー1基と壁で仕切られた洗い場があるが、現在は使用されていない。
  • 女湯には乳児用のベビーサークルがある。
  • トイレは汲み取り式である。
  • 入口の前にはベンチと飲料の自販機があり、歓談スペースとなっている。
ソース画像を表示

泉質

弱アルカリ性ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。地下300メートルからポンプで汲み上げている。
源泉は無色透明だが、入浴剤が投入されるため湯色は緑色を呈する。ただし注ぎ足される湯は無色なので、遅い時間になるほど色は薄くなる。

分析値

  • pH 7.6
  • 固形分 1538mg/L
  • カリウム(K)2.2mg/L
  • ナトリウム(Na)482mg/L
  • 鉄(Fe)0.8mg/L
  • カルシウム(Ca)8.9mg/L
  • マグネシウム(Mg)0.7mg/L
  • 食塩(Cl)612mg/L
  • ヒドロ炭酸(HCO3)2565mg/L
  • ヨウ素(I)6.2mg/L
  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示

アクセス

ソース画像を表示
形態普通公衆浴場
料金大人(12歳以上)370円
中人(6歳以上)170円
小人(6歳未満)100円
(2020年現在)
営業時間14:00~20:00くらい
木日休
所在地沖縄県沖縄市安慶田1丁目5番2号
交通安慶田バス停徒歩2分
駐車スペースは小型車2台分あり
開業1960年ごろ
浴場の特徴沖縄独特の様式
湯の特徴天然温泉
泉質含食塩-重曹泉
泉温冷鉱泉 
pH7.6
液性の分類弱アルカリ性
建物の特徴
建築年1960年ごろ
建築構造・様式鉄筋コンクリート造 
屋号を配した看板建築風のファサードを持つが、増築のため半分以上が隠れている
内部の構造脱衣所と浴室の仕切りがない

コメント