矢巾温泉(やはばおんせん)は、岩手県矢巾町南昌山山麓にある温泉

矢巾温泉(やはばおんせん)は、岩手県矢巾町南昌山山麓にある温泉

矢巾温泉(やはばおんせん)は、岩手県矢巾町南昌山山麓にある温泉

ソース画像を表示

昭和43年に湧出した温泉。近くには源義家の愛馬の蹄跡といわれる馬蹄石やぬさかけの滝、南昌山、岩崎川渓流などがあって散策ができるほか、岩手県で初めてのペタンク広場、10面もあるゲートボール場、冬でも楽しめる屋内ゲートボール場などのレクリエーション施設もあり、老いも若きも楽しめる。

ソース画像を表示

南昌山のふもとにある矢巾温泉は、「南昌の湯」と呼ばれ、美容効果も高く若さを保つ湯冷めしにくい温泉「低張性弱アルカリ性-低温泉」。刺激が弱いので高齢者でも安心して入浴できます。少しぬるっとして、湯上りはツルっとします。
神経痛、筋肉痛、運動マヒ、痔疾、五十肩、慢性消化器病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進に効果があるといわれます。登山やスポーツの疲れをほぐすのには最適な温泉です。

ソース画像を表示

南昌山、ぬさかけの滝など雄大な自然に恵まれた温泉です。
温泉が持つ自然の力をそのまま肌で感じられる「本物の温泉」をお楽しみください。
湯冷めしにくいやわらかいお湯が自慢です。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示
所在地岩手県紫波郡矢巾町煙山1-5
交通盛岡駅14番のりばより岩手県交通「515 矢巾温泉線」で約55分、終点下車。
泉質単純温泉[1]
泉温(摂氏31.1 °C
湧出量183.4
pH7.9
宿泊施設数1

コメント