美しい渓谷に豊かに湧き出す「美人の湯」湯瀬温泉(ゆぜおんせん)

美しい渓谷に豊かに湧き出す「美人の湯」湯瀬温泉(ゆぜおんせん)

湯瀬温泉(ゆぜおんせん)は、秋田県鹿角市(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)にある温泉

米代川沿いに温泉地があり、川瀬から湯が湧出していたことが、温泉名の由来ともなった。

Yuze Onsen 2018.jpg

湯瀬温泉:秋田県鹿角市

スポンサーリンク

泉質

美肌に対する効能があるとされる。

アルカリ性単純温泉であるので温泉独特の硫黄臭はない。

湯瀬温泉は米代川河畔から持ち上がる急峻な斜面のしたに湧出するものが多く、泉温は25度〜60度とされている。ただし、湧出量は毎分数リットル〜30リットルとされていて、あまり多くはない。温泉の北側に行くと温度が低いという調査結果が発表されている。

個人用、個人と営業の併用、営業用の用途に分かれていて、源泉は20程度と見られる。自噴とポンプアップが半々で、どちらかというとやや零細な温泉群と見られる。電気的な分析から、含有成分は豊富であり、肌に優しい温泉と言うことになる。

ソース画像を表示

温泉街

5軒の旅館ホテルが存在するが、その中の「四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテル」は㈱せせらぎ宿の経営、「姫の湯ホテル」は藤七温泉の経営である。

ソース画像を表示

美しい渓谷に豊かに湧き出す「美人の湯」

十和田湖と八幡平という北奥羽の二大観光スポットの中間に位置する温泉郷。 秋田、岩手、青森3県境の近く、米代川の湯瀬渓谷沿いに温泉街が広がる。渓谷の両岸に、近代的な大型ホテルと昔ながらの老舗旅館が点在。中心を流れる湯瀬渓谷は、「新秋田三十景」のひとつにも数えられている景勝地。 山桜、新緑、紅葉、雪景色と四季折々に移ろう風景が美しく、明治の若き歌人、石川啄木は「青垣山をめぐらせる天さかる鹿角の国」とこの地を詠み讃えた。また、米代川沿いに跡をとどめる「旧鹿角街道」は絶好の散策路。湯上がりに出かければ、山の緑と渓流のせせらぎが心地よい。このほか各ホテル、旅館のロビーで開かれる「昔語りの夕べ」、そして名物「きりたんぽ鍋」など、湯宿でゆっくりと寛ぐ時間も楽しみだ。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示

十和田八幡平周辺でも、特に豊かな湯量で知らせる温泉。「湯瀬」の名も、 川の瀬から大量にお湯があふれ出ているところから命名されたという。無色透明のお湯は、やさしく馴染みやすい肌触りがむしろ化粧水に近く、特にニキビ肌や肌荒れなどに高い効能を持つ。その美肌効果から群馬県の川湯温泉、和歌山県の竜神温泉と並び「日本三大美人の湯」にも数えられ、二度三度と繰り返し湯浴みするうちに肌に潤いとみずみずしさが戻ってくるといわれる。

ソース画像を表示

歴史

温泉旅館の開業は1909年以降である。

アクセス

ソース画像を表示
交通鉄道:JR花輪線 湯瀬温泉駅下車
泉質単純温泉
泉温(摂氏58 °C
液性の分類アルカリ性

コメント