関西最強!?日本でもめずらしい天然炭酸泉の花山温泉(はなやまおんせん)

関西最強!?日本でもめずらしい天然炭酸泉の花山温泉(はなやまおんせん)

花山温泉(はなやまおんせん)は、和歌山県和歌山市鳴神574にある温泉

ソース画像を表示

関西最強!?日本でもめずらしい天然炭酸泉の湯治宿

地元の寺に伝わる古文書の記述を頼りに、昭和43年に開湯した花山温泉。地下500メートルから炭酸ガスの圧力のみで自噴する温泉は、炭酸ガス保有量2361ミリグラムという驚くべき数値を叩き出し、関西最強の天然炭酸泉ともいわれる。温泉に併設される湯治宿で、じっくりと湯浴みを楽しもう。

ソース画像を表示
スポンサーリンク

泉質

  • 含二酸化炭素・鉄-カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性高張性冷鉱泉)
    • 湧出量:毎分118リットル
    • 源泉温度24.6度
    • 源泉の湯色は薄い黄色。湯の花に含まれる分より赤褐色を呈する。
    • 飲泉可であるが、鉄の苦味が強く、その不味さは国見温泉と並んで有名。
ソース画像を表示

温泉地

一軒宿の「花山温泉」が存在する。湯の花が多く含まれており、湯口や風呂に大量の析出物が付着している。源泉温度25℃そのままの低温浴槽と加熱した浴槽がある。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

気持ちいい露店風呂

歴史

昭和43年に試掘された(角川日本地名大辞典30より)。一軒宿の開業は1968年である。

アクセス

所在地和歌山県和歌山市鳴神574
交通和歌山駅よりバスで約15分で最寄バス停へ。そこから徒歩約10分
泉質塩化物泉
泉温(摂氏24.6 °C
湧出量毎分118L(掘削自噴)
pH6.7
液性の分類中性
浸透圧の分類高張性
宿泊施設数1

コメント