小森温泉(こもりおんせん)

岡山県の温泉

小森温泉(こもりおんせん)は、岡山県加賀郡吉備中央町小森にある温泉

享保年間に岡山藩主池田継政が開設した温泉跡を、戦後昭和28年~29年にかけてボーリング調査を行なったところ、良質の温泉の湧出を得たことから池田家ゆかりの「いで湯」として再興したもの。アルカリ性単純温泉で、疲労回復・美容健康・神経痛・腰痛・アトピーなどに効果があるとされている