湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)

山形県の温泉

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、山形県鶴岡市にある温泉

清流五十川のほとり、静かな山あいにある一軒宿です。 その泉質の良さから近郷近在の人々からは古くから秘湯として知られ、神経痛に悩む老人が家人に背負ってもらって湯の瀬まで来て、お湯に浸かった数日後には老人自ら重い荷物を背負い晴々とした表情で帰っていったという言い伝えがあるほどです。
岡山県の温泉

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下にある温泉

湯の瀬温泉(ゆのせおんせん)は、岡山県加賀郡吉備中央町豊岡下にある温泉で、川床から温泉が沸き出す湯場として、古くから親しまれています。泉質は硫黄鉱石アルカリ性単純泉。僅かに白濁したアルカリ泉でヌルヌル感があり硫黄臭が特徴の源泉掛流し湯。