赤湯温泉(あかゆおんせん)

福島県の温泉

赤湯温泉(あかゆおんせん)は、福島県福島市土湯温泉町にある温泉

鷲倉温泉と野地温泉の間に位置し、一軒宿「好山荘」が建つ。旧館はいかにも湯治場といった雰囲気である。露天風呂は周辺の温泉のような青白い硫黄泉であるが、内風呂は特徴的な赤茶色のお湯である。炭酸鉄泉で、内容物が空気に触れ急速に酸化することで色が着き、浸したタオルが茶色になってしまうほどである。