新高湯温泉(しんたかゆおんせん)とは、山形県米沢市大字関にある温泉

はくだけ整体ショーツNEO+

新高湯温泉(しんたかゆおんせん)とは、山形県米沢市大字関にある温泉。米沢八湯の一つで一軒宿の吾妻屋旅館は「温泉米沢八湯会」に加盟している。西吾妻連峰天元台麓に位置する。

泉質

  • 含硫黄・カルシウム – 硫酸塩温泉 (旧泉質名:石膏硫化水素泉)(低張性中性高温泉)
    • 源泉温度55.6度、自然湧出、無色透明で硫化水素臭を有する[2]
    • 湯は透明だが硫黄由来の白い湯の花が浮く。
    • 飲泉可。

温泉地

標高1126メートルの山中に一軒宿の「吾妻屋旅館」(日本秘湯を守る会会員)が存在する。日帰り入浴可能な5つの露天風呂と、宿泊者用の内風呂があり、全て源泉掛け流しである。

温泉地からは米沢藩町割りの目印として知られる兜山、遠くには飯豊朝日連峰を望むことができる。

歴史

  • 1812年(文政4年)に安部又エ門が発見、湯治場として知られる。
  • 1902年(明治35年)に新高湯温泉として開業。「高湯温泉」とは下流にある白布温泉の別称であり、福島県福島市町庭坂の高湯温泉のことではない。

アクセス

所在地山形県米沢市大字関
座標北緯37度46分16.2秒 東経140度07分56.7秒
交通JR米沢駅から「白布温泉」行バスで湯本駅バス停降車(40分)
車で東北中央道米沢八幡原ICから約30分
泉質含硫黄・カルシウム – 硫酸塩温泉
泉温(摂氏55.6 °C
pH7.0
液性の分類中性
浸透圧の分類低張性
宿泊施設数1
外部リンク一軒宿の公式サイト
特記事項飲泉
ふっくらハリのあるバストへ [Baloon Bust Cream]+【チュチュアンナ定期便】
タイトルとURLをコピーしました